AGA治療

AGAで悩んでいるならビタミンAを摂取せよ!

AGAの脱毛メカニズムってちゃんと理解していますか?

 

男性ホルモンが原因で脱毛が進んでいく、
いわゆるハゲの症状である男性型脱毛症AGAですが、

 

その脱毛メカニズムはこうです。

 

男性ホルモン(テストステロン)が分泌
  
酵素5αリアクターゼの作用により、
テストステロン → ジヒドロテストステロンに変化
  
ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合
  
毛母細胞の働きを抑制し、脱毛を引き起こす

 

上記が男性型脱毛症AGAの脱毛メカニズムなのです。

 

一般的にAGAの治療には、フィナステリドという成分が含まれている
プロペシアという薬が有効とされています。

 

AGAの元凶はジヒドロテストステロンです。
ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結びつくことで
最終的に脱毛を引き起こすことになります。

 

ジヒドロテストステロンが分泌されても、そこに男性ホルモン受容体がなければ
脱毛は引き起こされないのです。

 

わかりますか?

 

AGAの症状は主に前頭部と頭頂部。

 

前頭部と頭頂部には、男性ホルモン受容体が存在するので、
AGAの典型的な症状である前頭部と頭頂部の髪が薄くなる症状が発生するのです。

 

逆に、側頭部や後頭部は男性ホルモン受容体が存在しない、
またはその数が前頭部や頭頂部と比べると顕著に少ないために、
髪が残った状態となるのです。

 

つまり、

 

男性ホルモン受容体をなくすことができれば、AGAの症状を
防ぐことができるというわけです。

 

現段階で、男性ホルモンとジヒドロテストステロンがどう結びつくかは
詳しくは分かっていませんが、

 

いずれにせよ、男性ホルモン受容体を取り除くことができれば
男性型脱毛症を食い止めることができるのです。

 

そこで、

 

この男性ホルモン受容体をなくす、減少させる方法はないのか、
と思い調査しました。

 

・・・

 

で、分かりました!

 

取り除く、減少させる効果がある成分の1つがビタミンAであることが分かりました。

 

ビタミンAが男性型脱毛症(AGA)対策に効果的です!

 

ビタミンAを長期にわたって摂取することで、
男性ホルモン受容体を減少させることができることが分かったのです。

 

ビタミンCじゃないですよ、ビタミンAですよ!
ビタミンAなんです!

 

ビタミンAを摂取することが、ハゲで悩む男性の
救世主になるかもしれないのです。

 

副作用が危険なプロペシアを服用しなくても、
ビタミンAを摂取すれば男性型脱毛症は食い止められるかもしれないのです!

 

ビタミンAを摂取するために、ビタミンAが多く摂取されている食物を徹底的に調査しました。
ビタミンAを多く含む食材はこれです。
10品ほど紹介いたします。

 

  • ニワトリの肝臓
  • 豚の肝臓
  • ウナギ
  • トウガラシ
  • シソ
  • モロヘイヤ
  • ニンジン
  • パセリ
  • アナゴ
  • シュンギク

 

となります。
ビタミンAが多く含まれている順に記載しております。
ビタミンAAGAの救世主になることは間違いないでしょう。