AGA治療

女性の間でも増えているAGA!

最近は女性の間でもAGA、男性型脱毛症が増加しています。
女性の体内には、男性ホルモンと女性ホルモンが流れているです。

 

「え?女性にも男性ホルモンが流れているの?」

 

と驚かれている方もいると思いますが、
確実に女性の体内にも男性ホルモンは流れています。

 

女性の間にも広がるAGA!女性なのに増加する男性型脱毛症!

 

健康な状態の女性であれば、男性ホルモンと女性ホルモン
のバランスって保たれていますから、ホルモンバランスが
保たれている状態であれば女性のAGAは発症しません。

 

しかし、

 

このホルモンバランスが崩れると、女性でもAGAの症状が発生することがあります。

 

特に、閉経を迎えた更年期の女性は、女性ホルモンの分泌が
著しく低下する傾向があるのです。

 

それまで女性の体内における女性ホルモンが減少するため、
相対的に男性ホルモンの比率が高くなるわけです。

 

一般的に、女性ホルモンはその成分であるエストロゲンの働きによって、
髪の成長を促進させ、髪を維持する働きがるあのです。

 

ですが、一方の男性ホルモンは、脱毛作用を引き起こすことがあるのです。

 

男性ホルモンの成分であるテストステロンが毛根内部でジヒドロテストステロンへと変化し、
毛母細胞の働きをどんどん弱めて脱毛作用を引き起こすのです。

 

男性ホルモンの相対比率が上がった女性は、この男性ホルモン
の働きによって脱毛が進行することがよくあります。

 

なので、女性でもAGAの症状が発生することはよくあるのです。

 

ただ、女性でAGAの症状が進行したからといって、
男性のように前髪の生え際が退行したり、頭頂部の
髪が部分的に抜け落ちるといったことはありません。

 

女性の場合は髪が全体的に薄くなるという症状が発生します。

 

なぜ、女性のAGAが男性のように前髪、後頭部だけ部分的に発生
するのではなく、全体的に髪がまばらになっていくように抜けていくのかは、
いまだ解明されていないのです。

 

で、

 

女性のAGAの治療法ですが、女性はプロペシアを服用することはタブーとされています。
妊娠している女性が服用したら、大変なことが起きます。

 

生まれてくる胎児が男児であれば、性器に奇形が生じることがあるのです。

 

それだけが理由ではありませんが、女性にプロペシアを服用
するのはタブーとされているのです。

 

治療法としては頭皮に塗布する育毛剤が有効とされています。