AGA治療

プロペシアの効果がある人とない人・・・

AGAの治療薬として有名は「プロペシア」ですが、
これで髪が生えてくる人と生えてこない人がいます。

 

プロペシアが良く効く人とあまり効かない人の違い・・・

 

早い話、プロペシアを飲んでも効果が期待できない人というのは、
はっきりと言ってしまうと、

 

「毛根の細胞が完全に死滅している人」

 

です。

 

残念ながら、こればっかりはどうしようもありません。

 

毛根の細胞、もっとツッコんで言えば毛乳頭細胞が完全に死滅
している人は、何をやっても効果がありません。

 

残された路としては、植毛しかないでしょう。

 

プロペシアを服用する前に、プロペシアの副作用にどのようなものがあるかを
把握しておく必要があります。

 

具体的にどんな副作用があるのかと言うと、

 

  • 男性機能の不全
  • 性欲の減少
  • 睾丸痛
  • 頭痛、吐き気

 

といった副作用があります。

 

プロペシアを服用する際はこういった副作用と向き合っていく必要があるわけです。

 

「髪が命!」
「副作用なんてどうでもいい!」

 

なんて思っている人は、プロペシアを服用して問題ないと思います。

 

ですが、未婚でこれから相手を見つけて結婚を考えている人
はちょっとためらうのではないでしょうか?

 

・・・

 

  • 男性機能不全
  • 性欲の減少

 

ってかなりクリティカルな副作用ですよね。

 

医学的には、男性がプロペシアを服用しても、
生まれてい来る子供に影響はないとされています。

 

そもそもプロペシが解禁されてまだ10年くらいしか
経っていませんから、生まれてくる子供にどんな影響が
あるかって、まだ分からない部分が多いと思います。

 

「オレはまだ結婚もしていないんだ!!」
「性欲減退!?冗談じゃねえ!!」

 

とお考えの方はプロペシアはまだ服用しないようがいいです。

 

そーゆー方は、プロペシアより、AGA対策のサプリメントを服用したようがよっぽどいいです。

 

もちろん、医薬部外品となりますので医薬品であるプロペシアより
効果は期待できませんが、それでもジヒドロテストステロンの還元酵素
5αリアクターゼの働きを抑える効果は十分にあります。

 

「副作用は気にしない、とにかく髪を増やすんだ!」

 

という人はプロペシアを服用して問題ないです。